読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮭ご飯

アラサー看護師です。抑うつから復活し、維持的な内服中。通院・カウンセリング・感情について、緩〜く綴っている日記です。

ありがとう〜さよ〜なら〜

感情への気付き
別れの季節ですね。
別れたい人は居ますか?

働いている皆さんなら、少なくとも1.2人は居るでしょう。

3月とは、「人事異動」と言う名の正当防衛みたいな不可抗力みたいな感じで、お別れしたい人と仕方がなく離れることが出来る素敵な年度末です。

例外なく私にも、お別れしたい人は数人居ます。
でも、お別れできないんだろうなぁと諦めてる人もいます。

だけど、この人とはきっともうお別れになる。この3月で、さようならになる。

そんな風に確信していた人が居たんです。

同じ部署に何年いるの?ってね
、いい加減異動希望も通らないとおかしいな?ってね


だからもう、私も周りの人も、誰もがその方が異動だと期待してたんだよね。3月までで、この嫌な空気は改善されると思ってた。だからなんとか頑張れた


今日あたりなんか、今まで皆が思っていたけど口には出さないようにしてきた「頼むから異動してくれ。できる限り早く、そして遠くへ。」っていう気持ちがね、もうね、皆体表にモヤモヤ出てたよね。全員陰気なサイヤ人みたいになりながら仕事してた。その殺気、本人に伝わっちゃうから、、、!


かく言う私なんかも、目からビーム出るぐらい、師長の口が「内示がありました」って動くのを見てた。見張ってた。もう、喉の奥まで透視してた。な行の言葉が出てくるのを逃さなかった


そんな感じで、今日の皆はフォースが覚醒していた。それは、仕事に向けては一切発揮されない秘められた力…



そして満を持して、師長の口が動いた。遂に動いた
「何これどうなってるの?」以外の、な行の単語が、やっと出た








「内示がありました。これに載っているものでほぼ確定です。まず○○さんは3東病棟へ、、△△さんが、5西からうちへ、、、、、以上です。各自確認をお願いします」








終わり…かな?

あれー??
 

あのね、




誰かさんの名前、呼ばれてなくない…?



しっちょさん、忘れてる忘れてる。



あのお方を忘れてる。大変だよそれは。ちゃんと見てよ異動の内示。まったくもうドキドキするなぁ師長さんでも間違えるんだなぁ、

って思ってた矢先。いや、思い込んでた矢先




「えっ!私またここ…?マジか…」




と、例のそのお方、内示通知を見て自分が現在の部署のままなのを確認、はっきり申してました





次の瞬間から、



物を落とす人
パソコンを凝視して手を止める人
手を洗い続けてる人
語尾を長く伸ばしてる人



皆、体勢は違えど、頭の中は同じだったとおもう。固まっていたと思う。



マジ….か………?
マジか……マジだ……
マジで?…マジかよ……



っていう、もう、「マジ」のハーモニー。カイジ顔負けのザワザワならぬ、マジマジ


その後の皆の動きのぎこちなさ、表情の硬さといったらもう、、、





その上怖い上司が増えるというね。もうね



そんなショックから完全には立ち直れないままの私なんですけど、それでも、気持ちに明るさが出てきてるんです


私は仕事のために生きてるんじゃない
嫌な人たちのためにプライベートまでもがドヨンとするのは嫌だ
だったらちゃんと仕事はこなして、あとは自分の時間をすごく楽しみたい!
こんな人たちのために、自分の気持ちを落ち込ませる方が勿体無い!!!!
と。

あれ、私、自分を大事にしていく気持ち、出てきてるんじゃないかなぁ。自尊感情、芽生えてるよね、これ


単に嫌なことからの現実逃避を考えてるのかも分からないけど

仕事の事だけじゃない人ってカッコいいよね。休憩室ではちゃんとプライベートの話が出来る人

そういう人をみると、「あ、この人はちゃんと生きてる。胸を張って人生楽しいって言える人だ」って思う

私もそんな風になれるのかなぁ。少なくとも、近づいてるなぁとは思う



良かった。頑張ってきて、良かったなぁ。
年度末だし、褒めましょう。
年度末じゃなくても、褒めていきましょう。
でも落ち込むことも認めて許していこう。



カウンセリングのほうも月1で辛くない範囲で通っていて、カウンセラーさんのアドバイスでアサーションの本を注文しました

ちょっとずつ読んで行こう〜