鮭ご飯

アラサー看護師です。抑うつから復活し、その後の生活を緩〜く綴っている日記です。

2017年下半期

雨、雨、雨

大嫌いなんです、傘。

 

 

あんまり「嫌い」とか「苦手」とかいうセリフが好きじゃないんだけど、これだけは言っちゃう

 

 

傘嫌いなんだよなぁ。。

 

 

あの、バックに入るとちょっともうかなり重くなっちゃう感じ

 

 

その上周囲の持ち物まで染みて濡らす

 

 

あと、前を歩いてる人の傘の持ち方で、凶器のように後ろの私に刺さろうとする先っぽ

 

 

傘ほんと怖い。傘ほんと辛い。

 

 

そんな前置きで、今宵ももちろん酔っ払いの私ですが

 

 

いつの間にか日付をまたいで7月になってるもんで、ビックリしちゃって

 

 

夜勤明けに大量飲酒も重なって、テンションがおかしくなってる0:40をお届けします

 

 

6月も色んなことがありました

 

 

まず今月の体調不良は、咳嗽。アレルギーだと思うけど、むせる咳が止まらず

 

 

多分イネ科のアレルギーかなーなんて思ってるけど、思ってるだけで相変わらず診察受けにはいかない相変わらずのテキトー

 

 

まぁ、治るっしょ!そのうち!なんて思ってるけど。ふと去年の夏もおんなじ感じになり、結果マイコプラズマ肺炎だったという思い出が蘇ってきたよ

 

 

さすがにあと2週間続いたら、病院行ってきます、、

 

 

そして夜勤明けの私は、夜な夜なレナードの朝をみてるんですけどね

 

 

泣くよねー、「レナード…?」のとこで、泣くよねー。結構序盤だよねー

 

 

2時間みっしりと、人間らしさとか生きるとはとかを考えさせてもらい、素直に涙が出てきてた

 

 

夜勤で荒れ果ててた心から素直な涙が出てきたことが嬉しくてまた涙が出てきた

 

 

命を与えて奪うこと、ってね。なんか、私たちがやってる治療とかにも通ずるものがあって、我らは神じゃないのになぁって虚しくなる…

 

 

 

そうやって涙を流しながらね、私には改めてこういう涙活のような、素直に感情を表す場が必要だと思った

 

 

思えば「彼氏」という存在に対し、今までなっかなっか素を見せ切れてなかった

 

 

それに気が付いたのが、同僚のメンズたちとの飲み会をやったとき

 

 

この飲み会で私の素がバレようがバレまいが、仕事をする仲間に変わりはないわけであって

 

 

私だって同僚の何を見ようが嫌いになることもないし、恋愛的期待もないわけで、ただ単に仲が深まることが嬉しいわけで

 

 

初見メンツだったんだけど、まぁ〜彼氏といるよりも断然自然体で飲めたよ…

 

 

 

恋愛対象として見ちゃうとね、多分、期待して嫌われたくなくて繕ってやってしまってるんだけどさ

 

 

それゆえに、お互いを知り得るまで時間がかかる。ダラダラと交際期間だけがのびていく。それはいやだなーって思った

 

 

ゆえに、2017年の下半期の目標は、

【自分をさらけ出すのを上手になる】

にする!

 

 

「虚勢張ってんじゃねぇよ」って、看護師1年目の時に先輩に言われて塵となったのを覚えているが

 

 

あれはしっかりと的を射ていたのだよ

 

 

否定されると消えたくなるこの豆腐メンタルは、経験や努力によって少しは改善したと思う。多分。バターぐらいには固くなったと思う。溶けるけど

 

 

もうね、結婚相手とか見つけないと手遅れになる頃合いでしてね

 

 

でも焦っても焦ってもいいこともなくって、好きな気持ちが恋から愛になりにくいのも、相手に対峙する自分が「素」じゃないからなんだろなぁとは分かっている。分かってて直せないこの辛さ。

 

 

改めて、私、魂での人付き合いが苦手なんだなって思う。なんかの性格診断でも、皆さん心配性とか楽天的とかついてるなら、私だけ「一匹狼」とかいう謎の診断ついてたし

 

 

出してこー!

出してこー!

このままだと自分で自分を嫌いになるよー!

 

 

 

そんなことを考えながら、また酒をあおるのです。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする