読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮭ご飯

アラサー看護師です。抑うつから復活し、その後の生活を緩〜く綴っている日記です。

不良債権

東京タラレバ娘、始まりましたね

 

 

あれを知らないときに決めたHNですが、もう、分かっていたかのように私という人間にハマっている名前

 

 

もし、10年前に付き合ってたA君と続いて『たら』、今頃子の1人や2人はいたのに

 

 

B君にほっとかれてた当時、ちょっとの寂しさを我慢して『れば』、今頃玉の輿だったのに

 

 

大した努力と我慢もせずにそんなことを考える。思い当たる節、ありまくり

 

 

そうして、手を打つか…と思って本気出したら、あっちは私なんか眼中になかったという始末

 

 

打ちひしがれたからといって、いよいよ誰も手を引いてなんかくれない。坂口君も言っている、「いい年した大人は、自分で立ち上がれ」とな

 

 

ただ、どうやら私は立ち上がり方というかタイミングというか色んなものから微妙にズレているようで

 

 

力めば力むほど、釘が斜めに刺さって行くみたいに「あれーー??あれれーーー??」ってなる

 

 

よかれと思ってやることは裏目にでて

 

 

もういいや!仕方ない!と思ってやったことで相手をキュンとさせ

 

 

調子に乗って自然体を見せつけたら「ちょっとお酒に節操の無い方は…」みたいにフェードアウト(FO)され

 

 

独身貴族の友人と見出した、現在の歳まで結婚できてない同級生にありがちな条件に、「女子高女子大育ち」なんてのが共通項目に上がっちゃってね

 

 

その後もさらに女社会で働いている私なんか、いよいよ独身仙人になるのかな、出家するのかな

 

 

恋愛の手技は磨かれず、ルート確保の腕だけが磨かれ、男心を操るのではなく、滅菌操作ばかりを極めつつあり

 

 

「とんだ不良債権だよね、うちら」って笑いながら言ってた20代前半。いざホンモノのそれになった今ね、もう、冗談でも口に出来なくなってる

 

 

周りにはマジでもう嫁には行けないんだなって人とか出てきててそれも少ない数ではなくて、自分もそれに含まれる方に入るのだと思うと、このチンケなプライドがそれを口にするのを許さない

 

 

お父さん

もう私はあなたを「ぱぱ」と呼ぶことすら憚られてきているよ

 

 

いい加減女子は卒業しなきゃなの。ふつうの女になります、って、ステージにこのテキーラを置いて行くべきなの

 

 

仕事に精を出すのもあっている。だけど、それだけでは女性として磨かれない

 

 

だけどこの間も上司に、結構真剣に「これからどんな道に進むのか、ここで勤め続けるなら方向性を考えていかないと、だらだらと何年も経つよ。本当に考えてね」と言われた

 

 

恋も、仕事も、自分で決めて責任を持ってこの二本の足で歩み続けなければいけない年齢なんだなと、今頃悟ってきたよ

 

 

時間がないんじゃなくて、覚悟がないんだよねー。

 

 

せめて自分がやったことには誇りを持って、頑張った、やれることは一生懸命やっていた。という自己証明が出来るよう、自分に誠実に働き恋をするよう心掛けよう

 

 

さあ、明日も日勤やー!!