読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮭ご飯

アラサー看護師です。抑うつから復活し、維持的な内服中。通院・カウンセリング・感情について、緩〜く綴っている日記です。

立ち直る…?

感情への気付き ぼやき

夜勤明けで旅行に出たので、その後の2休がとても長く感じる

 

 

今回の旅行は、先日の大きなミスをする以前に予約していたもの。

 

 

カウンセラーさんに、キャンセル料がかからないんだよと教えてもらったサイトで予約した

 

 

でも、改めて見たら、ちゃんとキャンセル料かかる笑

 

 

だから、半ば「行かなきゃ」って感じで出かけたよ。本当は、思いつきでふらーって行けるのが一番なんだけど、、、

 

 

今回行ったところは、平日なのに本当に人が多かった

あぁ、やだなぁって思いながら、やっぱり来たんだからここは行かなきゃって気持ちに押されて、嫌々人混みを歩いた

 

 

でも、一番落ち着いたのは、宿に着いてシャワーを浴びて布団に寝転んだ時。あぁ、生きてる。って感じがした

 

 

だからやっぱ、◯◯しなきゃ思考でお出掛けしても、楽しくないんだよね。それを思い知らされた

 

 

そのあとは夕飯を食べて軽く飲んで、そこで初めて旅行地の観光本を見たよ

 

 

でも、その本で目星を付けて翌日に行ったお店は、別に感動もしなかった

 

 

この旅行で思い出になってることは、

・宿で思いっきり休んだこと

・海を見ながら絵を描いたこと

・きれいなお花を見たこと

 

 

かなぁ

 

 

結局、自分のしたいようにしたことが、1番楽しかった

 

 

もちろん、調べて分かった美味しいお土産とかを買えたのはよかったけど、やっぱり感性を大事にするほうが楽しいんだなぁ

 

 

どうしても、「得」とか、「効率」とか、「有用」を優先することが、クセになってしまってる

 

 

それだから病気にもなるねん

 

 

と、いうことで

 

 

今回の旅行で学んだことは、感性を大事にしないと思い出にも残らない辛い遠出になるだけだということ

 

 

 

 

だんだんと自分の起こしたミスから日にちが経ってって、もうなんとなく風化してきてる

 

 

だからといって怖さが薄れたわけではないし、なんならSさんとか怖い人に対してもともと持ってた恐怖心が通常通り現れてきてる

 

 

怖いなぁ嫌だなぁって今は思ってるけど

 

 

たぶん、もうしばらくしたら、また「こんなことに自分の感情を揺さぶられて休みも無駄にするなんてもったいない!」って、強い気持ちがひょっこり顔を出すんだろなぁって、期待している

 

 

カウンセラーさんにも言われた

「順調に良くなってきてるんだよ」

 

 

だからね、このままでいいんだ