読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮭ご飯

アラサー看護師です。抑うつから復活し、その後の生活を緩〜く綴っている日記です。

4月にはいった

最近、自分の感情に鈍感になっている


鈍感で生きた心地がしないなぁって思ったら、案の定感情が爆発した


鈍感な時は、やっぱり何かを溜め込んでる。気張ったり感じないようにしてて、そのせいで何かを抑え込んでる。それがまた分かった


それでもまた同じように、感じまいとして、いつの間にか気持ちを抑えたり変な方向に暴走させたりしちゃうんだろうなぁ


不安定だな〜(*_*)


4月ってそんなものなのかなー。みんな、ソワソワしてるから、自分までソワソワしちゃってる。


今日は特に、書き残しておきたいいやーな感情があった(*_*)





職場の怖い上司のGさん

そのGさんが、他院のドクターからの電話をうけた

その内容は、

「◯◯さん(私の同期職員)を診察したけど、発熱が続いているので、出社は出来ない」

という主旨のものだった

はて、何故にドクターから病棟にそんな電話が来るのだ?
◯◯さん本人はどうしたんだ?
本人から電話はこないのか?
と思うのは普通だと思う 

でもGさんは何故か最初からすごい荒ぶり方だった


開口一番、


「えっ?!!なんで◯◯さん本人から電話がこないの??え??ちょっとー、、社会人じゃないの??」


と、大声を出している

この時点で、もう、なんだか胸が苦しくなった。。

声も大きいし、場所もナースステーションのど真ん中だし、言い方も言い方だし…

と思っていたところに重ねて、Gさんの暴走は止まらない

「ちょっと△△さん!◯◯さん、自分から電話しないでなんか知らないけどドクターから電話きたんですけど!!」

なんて、もう、テレビでよく見るようなおばちゃんみたいになってた

半分ぐらい、この件とは関係ないイライラも詰め込まれてるだろうと思わせるような過度な表現



皆聞いてる



上司という立場の人が、十分な事情も分からない部下のことを悪く言ってるのを。



その光景を見て、もう、心がモヤモヤ。。



GさんにはGさんの事情があるのかもしれない。でも、物凄く残念だった。
自分の上司がこんな風に部下を疑り、槍玉にあげるような発言を、場を弁えないでしてしまうのか


◯◯さん、体調が悪くて、これから電話するつもりとかだったら…?今はピークに辛いから、仕方なくドクターに連絡を依頼したとかの可能性は…?


周りにいた皆だって、◯◯さん、どうしたの?なんか変なことしたの?って思って、噂されちゃうじゃんね


それに、自分も何かひとつでも手順や順番を間違ったら、こんな風に言われるのかな?って悲しくなった


たとえ何かの手違いだったとしても、こんな風に表面だけ切り取られちゃうのか


特に◯◯さんと私は仲が良いので、なんとなく耐えきれなくて、Gさんの名前を伏せて先輩に上記のことをお話ししてみた
そしたら先輩も、「Gさんが言ってるんでしょ、、、はぁ。」と、すぐ分かってくれた



他にも、Gさんは何か問題が起きれば、休みの日の職員にだって電話する。比較的すぐ電話する

皆、激務を終えてせっかく緊張から離れてポワーンってしてるのに、急に電話きてそわそわする方の気持ちにもなって欲しい…。





なんかこの一通りの流れと自分の感情のモヤモヤをまとめてて、総合すると、スタッフを信用し合う職場じゃないのかなぁと悲しくなった


疑って疑って、問題の芽をしらみ潰しにするのが仕事でもある看護師。だけど、職場の人間関係にもそのスタンスじゃ、辛くなっちゃうよー。。


医療についてはいつでも最悪を想定して動くのが確かに大事なんだけど、人間関係は逆じゃないのかなぁ


思い遣って、信用して、気持ちを伝えて、対話をして、そんな風に、看護の良いところを全面に出してスタッフ同士関われたらいいのになー


そうじゃないと、どんどん私生活の方も窮屈になって楽しくなくなっちゃいそう


そんな事をふつふつと思う…

この気持ちをちゃんと忘れないといいなぁ…