読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮭ご飯

アラサー看護師です。抑うつから復活し、維持的な内服中。通院・カウンセリング・感情について、緩〜く綴っている日記です。

話し合い、元気になる、が

感情への気付き ぼやき
その後、彼とは話し合いをして、お互いに思ってることとか今後のことを前向きに話せた


やっぱり、一緒にいたい。だから、支えあう。という、シンプルなところに着地。


そう、物事は大体、シンプルなんだよね。と、詩人みたいなことを言ってみる
クシャミが出るのは花粉のせい


私は頭の中で理性とか世間体とか見てくれとかモラルとかを織り交ぜすぎるから、シンプルだったはずの感情が、鎧かぶったみたいになっちゃうんだよね


そりゃ、重くて動けないわ。動けたとしてもぎこちないし、疲れるのは当たり前だわぁ


でも、当たり前だ、なんてこともすぐに忘れちゃう


今日、それを実感した


彼とも話し合いができて、安心しちゃって、仕事も落ち着いてきてるから心に余裕が出来てきたんだよね


そしたら、今日の私は
「アレもやろう、これもやろう。元気になったんだから大丈夫!活動しまくろう!まずあれをして、これを買って、この通りに順番に店に行って…」
って、なっちゃってた。自然に


それで、やっぱりそんなに上手くは動けない。買おうと思ったものもレジが行列なのを見て諦めちゃったり。すごい間食しちゃったり


そうなって、「疲れたなぁ」と感じて初めて、「あ、私、また計画立ててその通りに動こうとしてる。自分に課題を課している」って気付いた


ダメなんだねぇ
余裕があったら、頭を回す。そういう風なクセが、ついちゃってるんだなぁ


自分の体力とか集中力にも、過度に期待している気がする
そりゃ、潰れちゃうよ。また自分で自分を潰しちゃうよ


そんなに頑張らなくても、例えば今日は、ちゃんと予定通りに午前中に受診が出来ただけでも、すごいって


効率を考えて頭を回転させるのは、仕事だけでいいの。私生活は、とにかくのんびりを心掛けなきゃ


そういえば、この間、職場の上司さんが、体調不良の欠員者に対し、こんなことを言ってた


「気が緩んでるんだよ。」
「他の病棟じゃこんなこと絶対にないから。」


…ん?と思ったけど、言いたいことは言っちゃってストレスを溜めないタイプのこういう看護師さん、ちょーいっぱいいるから、特にそこまで気にならず




他だとそんなに簡単に休んだりしないで、出てくるってことですか?
と聞いたら


「っていうか、まず、体調崩さないよね。仕事なんだから。ありえない。気緩みすぎでしょ」


とのこと


………うわぁ。と思ってしまった。


そりゃあね、欠員により迷惑かけられてるなぁとは確かに思う。イライラしてるんだろなぁともとれる。



でも、言ってしまっていいこととダメなことがあると思うのよね…。


今まで、気を緩めていたら体調崩したことがあるのかな?


風邪とかひかないのかな?人生で一度もひいたことがないのかな?


まぁ、考え方次第だと思うんだけどね。私は、お互い様精神どころか、お世話になりまくってます精神を心掛けていて。とにかく、許すということを練習している過程でもありますし、そんなにダイレクトに思ったことは言えない。それに、自分の方が迷惑かけてるだろうし、文句を言える立場まではないと思ってしまう


だから、上司さん、すごいなぁ。。。


すごいけど、人が離れちゃう気がするんだよなぁ、それ。。


でも、それを私に愚痴ってくれたのって、私になら許してもらえると思ってくれたからなのかなって、多分奇想天外もいい具合にプラスに勘違いしてみることにする。


わあ、私って、すごい( ´ ▽ ` )笑


みんな、思うところはあるよね。
それぞれだと思う。特に仕事に支障が出ないのであれば、色んな人のことも受け止められるキャパは辛うじてあるのかな


平和なんてありえない世界なので(特に看護師界は)
それなりに自分を持ってないと、すぐ飲み込まれちゃう。


だから、自分の意思を再確認して、考えてることとか悩んでること、引っかかってることをこうやって書いてまとめてまた脳内に戻すんだ